ホメオパシー健康相談会の体験・感想

長崎県在住 Mさん

私がホメオパシーと出会ったのは5.6年前、ちょうど子どもたちも幼稚園に通う頃手のかかる時期でした。

なるべく薬に頼らずに過ごせないかと思っていた時にホメオパシーの勉強会があるよと教えていただき参加し、それ以来なくてはならないものとなりました。

日常のちょっとしたトラブルは全てホメオパシーで大丈夫でした。ものもらい、発熱、やけど、水疱瘡からおたふくまで数々の症状にも不安にならずいい方向に導いてくれました。下の娘も発疹がまだありますがあと少し。きっと大丈夫だと思います。

ホメオパシーは見えていなかった部分を引き出してくれて自然な方向に戻す手助けをしてくれる存在です。そのおかげで少しずつ自分や家族のちょっとした体調変化にも気付けるようになりました。

こんなにもホメオパシーのことを信頼し好きになれたのはいつも相談会などで応援してくださったホメオパスの遊佐さんの存在は大きかったと思います。

遊佐さんはホメオパスでありまた助産師さんでもあります。お産だけに限らず、その後子どもが大きくなってもしっかり日々の心のケアまで出来て、いろいろ相談しながら安心して過ごせる場所があるのはとても幸せなことだと感じます。もっと早くにホメオパシーや遊佐さんの存在を知れていたら、私もお産からお願いしていたのになーと思います(笑)。

本当に出会えたことにただただ感謝です。

横浜市在住 Iさん

先日、中学生になった娘が、夜間に高熱を出しました。夜、何回かレメディを摂らせ、学校で診断が必要なため、朝を待って病院受診しましたが、その頃には、症状が軽減していました。
本人も「赤ちゃんの頃からレメディを使っているから、レメディとれば大丈夫と思った」と、言っていました。お腹にいるとき、胎盤が低くてレメディを摂って正常な位置になりました。ホメオパシーは我が家の常備薬です。
それと私自身生活習慣病があり、ホメオパスの遊佐さんに相談しています。
何でも頑張り、ため込む性格で、泣きたくても涙も出てきませんでした。
何回か相談して、レメディを処方してもらっているうちに、頑固な心も少しずつ柔らかくなり、やっと涙を流せるようになりました。ため込んでいた涙が流せたら、ため込んでいた体重も少しずつ減ってきました。
レメディは、心にも体にも作用するのですね。
遊佐さんは助産師なので、生活習慣病の事もよく理解してくれるので、安心して相談しています。

鎌倉市在住 Nさん

遊佐さんにはいつも色々なお話を聞いてもらい、わたしにとっては癒やしの時間でもあり、相談会の後はスッキリして前向きな気持ちになれました。相談会を受けていくうちに娘の症状はかなり落ち着き、今では以前のような症状が出ることはありません。そして、感情もうまく表出できるようになったと思います。

ホメオパシーは部分的な症状だけでなく全体をみるのが面白いし、魅力だと思います。遊佐さんは助産師さんでもあるので母乳のことなどを気軽に相談できたこともありがたかったです。

藤沢市在住 K・Nさん

ホメオパシーを始めた頃は自分でレメディーやアルポの本を手に入れ、セルフケアをしていました。私の中でセルフケアは急性の症状、つまり急な発熱、腹痛、怪我などの時に使うイメージでした。こうして「治る」という経験を体が積み重ねていっていた時に、色々なレメディーやアルポをとっても自分の治るスイッチが入らない症状が出てきて健康相談を受ける事にしました。
これはホメオパスさんとの健康相談会を受けて分かった事なのですが、私が20代に治療を受けていた婦人科での薬やホルモン系の注射の影響からきたもので、それもその治療を受けて20年以上経ってからの不調でした。それから半年をかけてホメオパスさんにその時の症状に合うアルポやレメディーを選んでもらい、またその間にはインフルエンザにかかり自己免疫で完治できました。それと同じくらいにスイッチが入らなかった症状もいつの間にか治っていたのです。
セルフケアを出来る事に越した事はないのですが、もし今なかなか改善しない症状があれば、色々レメディーやアルポを試すのも一つの方法かもしれませんが、ホメオパシーを熟知したホメオパスさんに相談してみると、実は自分では選ばないレメディーやアルポが今の症状に合っていたりするかもしれません。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now